カパラグリップ施工 浜松市中区 デイサービスA様:(株)アライデザイン工芸

先日、「駐車場の床が雨に濡れると滑る」との事で、弊社の強力滑り止め材である“カパラグリップ”の施工を地元取扱店の(株)アライデザイン工芸さんが行いました。
建物の1階部分が駐車場になっており、床面はコンクリートで表面にウレタン塗装がしてありました。
工事前はこんな感じでした。

カパラグリップ施工前に、汚れや油分を丁寧に洗浄します。

又、施工面の塗膜が剥がれているような箇所はケレン作業で予め剥がしておきます。

施工面を乾燥させた後に、墨出しをして塗る箇所と塗らない箇所をマスキングします。


いよいよカパラグリップの施工です!!
最初はプライマーをローラーで塗っていきます。

プライマーが乾いたらカパラグリップを左官コテで塗厚2mm程に仕上げていきます。

施工完了写真が下です。今回は車が停まった際に中から出てくる人が滑らないようにと両側と奥のみの施工でした。

お客様には「周りの景観と色味がマッチしていて、落ち着いた雰囲気ですね!」と喜んで頂けました。
特に雨の日などで足元が滑って危ない思いをされた事のある方も多いのではないでしょうか?
転んでケガをする前に、全国的にも珍しい防滑専門メーカーの(株)イーモアへ是非ともお問合せ下さい。

コメントを残す